TOEICとビジネス会話力を高める方法

前回お話ししましたように、TOEICとは受信力を測るテストです。
そのため、ビジネス会話でのリスニング力はテストの学習に集中すれば上がります。

その最も効率的な学習方法は、当校の池田和弘が既にプログラム化し、クラスとして提供しています。

TOEIC 3ヶ月集中コース
- 3ヶ月TOEIC脳を作り、受信力を高めるためのクラスです。
- 料金は他校と比べると安く、コストパフォーマンスが非常に高いのが特徴です。

さて、会話力のもう1つの要素といえば「スピーキング」ですが、

この要素を伸ばすためには、まずTOEICで学習した「語彙」を生きたものに変える必要があります。 (既にこの部分は必要ない方もいらっしゃるはずですので、飛ばしてもらって結構です。)

語彙のアクティベイトの方法ですが、まず、今まで学習した英単語集に音声が付いていて、日本語→英語の順番で音が流れてくるかを確認してください。 もし、音声がなかったり、その順番で入っていなければ、順序通りの音声が聞けて、ビジネス上でよく使う日本語が多く入っている単語集を購入してください。

あとは、音声を聞きながら、日本語を聞いたらすぐに英語が口から出てくるようになるまで、何度も単語を聞いてはマネをしてください。 発音やアクセントもできるだけそっくりにです。 この方法で学習した語彙を生きたものに変え、さらに必要な語彙も同様にトレーニングしてください。

次に、少し長い定型文や表現の習得ですが、こちらも必ず音声から学習してください。
音声を聞く順番は語彙の時と同じで、日本語→英語で入っている表現集を使ってください。
英語の音声は基本的にナチュラルスピードで入っていることが多いため、早くてマネができないことが多くあります。 その時には、スピードをコントロールできる機能のある端末機を使用するか、携帯などでアプリをダウンロードして、はっきりと音が聞こえ、マネのできるスピードまで遅くして、何度も聞いてください。(スローリスニングといいます!)

こちらも語彙と同じように、日本語を聞いたら、すらっと英語が出てくるまで練習し、発音などもできる限りそっくりになるようにマネをしてみてください。

以上の方法で、ビジネス会話力も高めていくことができます。

当校ではビジネス英会話力を効果的に向上させるための教材は開発しておりませんが、日常会話として、海外や国内で話す頻度の高いシチュエーションを厳選した初心者向けの優れた教材はございます。

もしご興味があれば是非ご覧ください。

リッスントーク

ページの先頭へ