お問い合わせ 電話をかける

お知らせ

エリフェット10周年、特別キャンペーン! 入学金なし、授業料半額!

2018年5月18日

エリフェット10周年、特別キャンペーン!

~ 2018年5月末日までのご連絡に限ります ~

この度、豊中の英語学校、elifet International Academyは、
10周年を記念して、こどもから大人まで、
特別価格にてモニター生徒を募集します。

1クラス先着5名様まで
3ヶ月のモニターを募集!

【特典】
入学金: 30,000円 ➡ 免除!(無料)
授業料: 3ヵ月分 ➡ 半額(クラスごとの授業料)

 

【モニターの条件】
・真剣に英語を身につけたい方!
・学習の成果などのコメントを写真付きでWebに掲載させてくれる方!

対象はグループレッスンに限ります。

【対象クラス】

(こども)
幼児(キンダー)の基礎英語
基礎英語 小学生
Super ONE Jr 中学生
Super ONE High 高校生
帰国子女(キンダー、小学生、中学生)
英検対策

(おとな)
初心者英会話(SE)
初級英会話(LT)
短期集中TOEICコース(※)

 

(※)TOEICコースの特典は入学金免除(無料)のみとなります

クラスの詳細はサイトからご確認ください。
http://elifet.com

なお、クラスの詳細や時間帯などでご質問がございましたら、
お気軽にお電話いただくか、問い合わせフォームにてご連絡ください。

TEL: 06-6846-5002
お問合せフォーム: http://elifet.com/contact/

【パートタイム講師募集】TOEIC / 英検 / 英会話

2018年3月26日

【TOEICのクラスに関して】
教材は英語教育の第一人者でベストセラー著者、
当校の開発顧問である池田和弘氏(大阪観光大学教授)が監修したものをメインで使用します。

授業のコンセプト、内容はこちらをご参照ください。

TOEIC(池田和弘の最先端学習法)

クラスは3ヵ月の集中プログラムです。
週1回、2時間の授業で、3か月をひとつのまとまりとして、
計12回で構成されています。

また、600点、800点、900点コースがあり、
どのクラスも少人数制で、2~5名です。

ご興味のある方はお気軽にお問合せください!
問合せ: http://elifet.com/contact/
Tel: 06-6846-5002

 

【英検クラスに関して】
こちらは、基本的に小学生、中学生、高校生対象の英検対策クラスです。
マンツーマンクラスとグループクラス(2~6名)になります。

授業の進め方は弊社のコンセプトである音声学習を中心とし、
生徒のレベルに応じて最適な学習法を提供していきます。

子供に英語を教えた経験がある方、英検を教えた経験がある方、大歓迎です。

ご興味のある方はお気軽にお問合せください!
問合せ: http://elifet.com/contact/
Tel: 06-6846-5002

 

【求める人材】
年齢不問。
女性も活躍できる職場です。(主婦もOK)
英語を教えたい方、楽しさを伝えたい方、是非ご応募お待ちしております。

TOEIC スコア900点以上/英検準1級以上/それに準ずる英語力のある方

バイリンガル大歓迎!

【場所】
elifet International Academy
阪急宝塚線の豊中駅から徒歩2分

【応募方法】
履歴書をメール添付の上、ご応募ください。
履歴書の審査後、面接を行わさせていただきます。

日程は改めて調整させていただきます。

【ひとこと】
当校は、日本人にとって、最短で、効果的に英語力が向上するプログラムの提供を行っています。

教材の開発顧問は英語学習の第一人者である池田和弘先生です。
(公式ブログ http://kazuhiroikeda.com)

池田和弘先生と当校が開発した初心者向けの英会話教材もあります。
「リッスントーク」 http://bright-eggs.com/listentalk/
「スピークエッセンス」 http://bright-eggs.com/speakessence/

英語教育にご興味のある方、池田先生とも教育談議を行える機会もございます。
共に日本の英語教育向上のために頑張っていただける方をこころから求めています。

ご興味のある方はお気軽にお問合せください!
問合せ: http://elifet.com/contact/
Tel: 06-6846-5002

おもてなし規格認証2018

2018年3月14日

株式会社elifet(エリフェット)は、2018年も経済産業省による「おもてなし規格認証」を認定していただきました。

mark

2017年度第2回 英検合格結果

2017年12月8日

今回は2名の生徒が英検2級以上を受験しました。

【 M.Nさん 】
高校2年生女子  英検1級合格

こちらは前回のお知らせでご報告した女の子です。

【 H.Yさん 】
中学1年生女子 英検2級合格

小学5年生の途中から入学した彼女。
6年生の1月に英検4級を受験することから始まりました。
4級は一発合格。

そして、同じく6年生の6月に今度は英検3級に合格。

さらに、同じく6年生の11月に英検準2級に合格。

実際はここまでは順調に来たのですが、
ボキャブラリーの不足もあり、ここからじっくりと学習を進め、
英検2級は今回が2回目の受験でした。

今回は高得点で余裕合格。
もともと、中学3年生までに英検2級に合格したい!と言っていた彼女ですが、
実際は、中学1年生で合格してしまいました。

英語は正しい学習方法で、
継続して学習することで誰でも伸ばしていくことが可能です。

今回の合格、お二人ともおめでとうございます!

 

【ブライトエッグス】

ブライト・エッグスは、elifetが提供する教育の研究開発部門です。
最も効果的な教育(英語学習)の理論と手法を開発・提供しています。

“学習者にやさしい”がポリシーです。
「言語学 × 脳科学」のように、確かな理論と科学的アプローチを融合させています。
テクノロジーの最先端を追求しています。
グルーバルな人的ネットワークと協働しています。

URL: http://bright-eggs.com

★超初心者向け基礎英会話教材「スピークエッセンス」
http://bright-eggs.com/speakessence/

★初心者向け実践英会話教材「リッスントーク」
http://bright-eggs.com/listentalk/

【池田和弘先生の公式ブログ】

ブライト・エッグスとelifetの研究開発顧問であります
池田和弘先生(大阪観光大学教授)の公式ブログはこちらから!

http://kazuhiroikeda.com

英検3級から1級合格の道のり 高校2年生で合格!

2017年11月14日

2012年から5年間通っている女生徒。
英検3級からはじまり、準2級、2級、準1級と
ひとつずつ確実に力をつけて合格してきました。

そして、英検準1級が合格したのは昨年、高校1年生の時。

そんな彼女も、はじめて来校した時には
まだ小学6年生でした。

英検3級を目指して、基礎から音読学習をし、
単語量も確実に増やしていった彼女。

当校の方針は、使える英語を身につけることなので、
学校の英語のテストで高得点をとることが目的ではありません。
とはいっても、得点を取れるようになるのは自然のことなのですが…

英語力が飛躍的に伸びていけば、
学校の対策などそれほどしなくても点数はとれるのです。

ただ、重箱の隅をつつくような文法問題や、
ひっかけ問題で点数を落としてしまうことは多々ありますが。

当校では、ひとつの英語力の目安として英検を基準に置いています。
学校のテスト、いわゆる受験に準拠した学習のみだと、
英語を語学として習得するというよりも
受験の合否の基準としか考えられなくなる人が多いからです。

TOEFLやIELTSを基準にしてはどうかと思われるかもしれませんが、
これらは海外留学で通用する英語力を持っているかという基準です。

そのため、内容こそそれほど面白みはないものの、
英検は非常にバランスの良い英語力が身についているかの判断基準となるのです。

さて、当校のこの女生徒は
英検3級から、準2級、2級と受験する度に、80%以上の正解率で
順調に合格して行きました。
(英検は基本的に約60%以上で合格します)

そして、3年目に準1級に挑戦し、はじめて挫折を経験しました。
合格点に少し届かず、不合格となったのです。

その時の正解率は60%ほどあったのですが、
最終的に、単語量が不足していたことが分かり、
そこから一気に単語を増やすことに専念します。

実は、彼女はこの時点でも使える単語は十分にあったのですが、
使う必要がない受信のための単語が不十分だったのです。

この意味、分かりますか?

おそらく、何を言っているのか分からないと思いますので説明しますと、
使える単語とは、アウトプット、つまり自分が話したり書いたりする時に使うもので、
完全に自分のものになっている単語です。

それに対して、受信のための単語とは、
聞いたり、読んだりしたときには意味を理解できるけれども、
自分から発信する時にはほとんど使わない(使えない)単語のことで、
これらは多読や音読をしていくことで身についてくるものです。

意外とその存在を意識している人はほどんどいらっしゃらないのですが、
実はこの受信のための単語力は非常に重要な要素なのです。

結局、彼女はそこから1年後に準1級に再挑戦し、
見事、2度目で合格しました。

その時の1次では約75%、2次は約85%の正解率でした。

そして、その後も単語力の増強を中心に、
音読、多読を進め、さらに1年が過ぎ、現在、高校2年生です。

先日、彼女は英検1級を受験しました。
そして本日、2次試験の発表があり、
見事、高校2年生で英検1級合格を勝ち取ったのです。

現在の彼女の英語力を客観的に判断すると、
大学受験のレベルであればほぼ困ることはありません。

TOEFLを受験しても、おそらく少しの慣れで高得点を取れるでしょう。

また、英検1級の2次が受かったということは、
会話力もそれなりに十分な力があるということです。

つまり、この時点で国内受験をしようと、
海外の大学に行きたいと留学を考えようと、
彼女はおそらく語学力でいえば全く問題ないでしょう。

この5年間で、彼女はとてつもなく大きな
人生の選択権を手に入れたのです。

これこそが、私たちelifet、そして、池田和弘先生が求めてきた
受験英語と実用英語の融合であり、
そして、世界を人生の舞台だと考えることができる
語学の壁を取っ払った状態なのです。

あらためて、彼女に、
「英検1級合格、おめでとう」と言いたいと思います。

しかし、それが本心ではありません。
本当はこう言いたいのです。

「人生の大きな扉を開けたこと、心からおめでとう!」と。

ページの先頭へ