自分を信じて全力で頑張れば、必ず認めてもらえる

宇佐見牧子(Makiko Usami)さん (留学コンサルティング会社勤務:カリフォルニア)

東京都出身。アメリカ合衆国ロス郊外アーバイン在住。
Ball State University大学院卒。2003年12月スポーツ運営学科卒業。
現在、アーバイン市にある 留学コンサルティング会社IGE社勤務(www.weexchange.com)。
三児の母。

留学を思い立ったのは大学1年生の頃。海外出張の多かった父の影響で外国の文化に常に興味を持っていました。大学1年で初めてアメリカへ旅行し、2週間のホームステイを体験。英語が通じなくて苦労したこの経験がきっかけで大学3年生からの語学留学を決意しました。不安と期待の中、カリフォルニア州、サンディエゴでの語学留学が開始。この1年は、私の人生にとってとても貴重な期間でした。初めて親元から離れて、一人で暮らす事の大変さ、どれだけたくさんの人にお世話になってきたかを実感しました。

父親のアドバイスは「この1年間は語学だけに拘らず、日本では経験できないこと、今しか出来ない事も積極的に行うこと」でした。さまざまな国の留学生と友達になったり、海に行ったり、あらゆる事に挑戦しました。語学学校には世界各国から学生が留学しているため、スイス、ブラジル、韓国といったように世界中に友達ができました。たびたびホームパーティーが開かれ、それぞれの国の料理を持ち寄ったり、レシピを教えあったりしました。スイスの手作りパンや、韓国のタポキ、イタリアのリゾットなども学びました。日本に帰国後も、友人を訪ねて海外旅行に行き、家族にあったり、とめてもらったりと、実際に体験しながら生きた文化を学ぶことができました。こういった体験ができたのも、全て英語が話せるようになったからだと思います。

日本に帰国してから、いつかはアメリカの大学院で専門的なことを勉強してみたいという夢を抱くようになりました。今度行く時は経済的に親に迷惑を掛けないで自分で行こうという決心もしました。

日本の大学を卒業後、語学を生かせる仕事を求め、海外にも進出している三菱自動車に勤務。温かい人々に囲まれながら、国際ビジネスの基礎を習得。自立心も育ちました。職場での人間関係が非常にうまくいっていたこと、仕事が軌道にのっていたこともあり、一時は大学院留学を諦めようかとも思いました。でも、語学はあくまでもツール、英語を活かしながら専門的な知識を身につけたいという気持ちは変わりませんでした。今行かなかったら一生後悔すると思い、入社3年後に、ついに退社。その年の8月に大学院へ入学しました。

入学後は、必死に勉強しました。授業は100%理解できないので、予習復習は必須。課題をこなすのも、アメリカ人学生の倍以上の時間はかかりました。でも、留学生の意見は授業ではとても貴重だし、クラスメイトや先生も興味を持ってくれます。英語の面ではネイティブの学生には劣りますが、授業でも積極的に意見を言うようにしました。また、アメリカの大学では成績が優秀な学生に奨学金を出す制度があります。 勉強のかいもあり、初めのセメスターでGPA 4.0(オールA)を取得し、奨学金を獲得することが出来ました。自分を信じて頑張れば必ず認めてくれる。アメリカはそんな国です。

学生時代は勉強だけでなく、サークル活動も積極的に行いました。Asian American Student Associationという団体に所属し、アメリカで生活するアジア人のあり方を学んだり、アジアの文化を他の人種の人達に教育したりしました。中でも、アジアの伝統衣装を着て行ったファッションショーは、企画から、衣装集めまで全部自分たちで行ってとても楽しかったです。
在学中、たくさんの留学生、または留学を目指す人たちに出会い、ボランティアでさまざまな方の留学アレンジをお手伝いさせて頂きました。トラブルに巻き込まれたり、悩んだり、それぞれいろんな問題を抱えながらたくましく羽ばたいて行く後輩達の姿に自分自身も刺激されました。2年間のプログラムでしたが、頑張って1年半で卒業しました。

現在、留学コンサルティング会社のIGEという会社で、語学、自分の経験、専門知識を生かせる、大好きな仕事にめぐりあいました。自己実現を目指して日々、留学生の皆さんのサポートを行っています。人にはそれぞれ夢があり、その夢を叶える為に、多くの人が毎年渡米します。そんな夢のサポートを自らの経験と知識を生かしてしていけたらいいなと思っています。これから夢に向かって頑張る皆さんのサポートを一生懸命する事が、今までお世話になった方々への恩返しになるとも思っています。

私は英語を学んだことにより、世界中の人々と出会うことができ、価値観どころか人生が変わりました。世界には可能性が無限に広がっています。皆さんが英語を身につけ、世界に羽ばたいていってくれることを応援しています。

ページの先頭へ