相手に言いたいことがうまく伝わらないのって本当にくやしいですよね

Mayumi Kowtaさん (カリフォルニア州立大学チャンネルアイランド校 国際課 アソシエートディレクター)

 
高校2年の時にカリフォルニア、ロサンゼルスに短期留学。 
その後、日本に帰国し、再度カリフォルニアへの1年間の語学留学を経て、カリフォルニア州立大学に入学。
学士号と修士号を取得し、現在はカリフォルニア州立大学チャンネルアイランド校の国際課にて、
アソシエートディレクターとして活躍中。 

【現在の職業】

私は、カリフォルニア州立大学に留学し、学士号と修士号を取得しました。 現在はカリフォルニア州立大学チャンネルアイランド校という州立大学23校でもっとも新しい学校の国際課でアソシエートディレクターを務めています。 当校はロサンゼルス国際空港から車で北へ約1時間半のところにある、郊外の住宅地とイチゴ畑が織り交ざった静かな街です。 チャンネルアイランドという名前の通り、大学はビーチから15分ほどのところに位置しており、晴れた日はチャンネルアイランドを見渡すことができます。 大学のマスコットはイルカです。 

国際課ではアメリカ人の学生の1年間の海外留学の斡旋や外国人留学生のリクルートやオリエンテーションなどの仕事を行っています。全学生数は約3700人と新しい大学なのでこじんまりとしています。アメリカ人の学生は大学の一年間のインターナショナルプログラムを利用して、スペイン、メキシコ、ドイツ、フランス、スウェーデンなどに現在約15名が留学しています。 皆それぞれ自分の留学した国や人に親しみと尊敬の念を表し、ひとまわり大人になって戻ってくるので、留学を終えて戻ってきた学生と現地での経験などについて話をするのが非常に楽しみです。 

現在、当校で勉強している外国人留学生は、大学と大学院生をあわせて20人ほどです。 カナダ、インド、イタリア、中国、ルーマニア、ブラジル、オーストラリア、日本からの留学生がこのキャンパスで勉強しています。  今年から外国人留学生向けにSemester at CSUCIという一学期から一年間のプログラムを設立したばかりです。 2011年1月には大学付属の語学プログラムを開設する予定です。

【英語を学ぶことがどうして必要なのか?】

~ 短期ホームステイでの経験 ~

私は中学生のころから、英語を学ぶことにはある種のあこがれのような気持ちがあったのですが、それとはうらはらに英語の成績はまあまあで、すごく良いわけではありませんでした。 どうしてここに"THE"が入んなくちゃいけないの?とか、なんで"ING"をつけるの?とか、そんなことも分かりませんでした。 
そんな私がもっと英語を勉強したいと思ったのは高校生の時です。 高校2年の時にアメリカのロサンゼルスに1ヶ月ホームステイをすることになったのですが、その時も特に英語ができるわけではなく、観光気分でした。 現地では、他の日本人大学生と同じファミリーにホームステイしたのですが、彼女は大学生で、よく英語ができたので、ファミリーともすらすらと会話をしていました。 そんな姿を目のあたりにして、自分がすごくもどかしかったのを今でもはっきりと覚えています。 相手に言いたいことがうまく伝わらないのって本当にくやしいですよね。パーティーやダンスに誘われて、かっこいい男の子と知り合ってもダンスはできても全然何を言っているかわからない。  ファミリーに日本の家族や文化について聞かれても全く説明ができない、というような情けない状況でした。 英語の授業の時も皆が自分より英語ができたので、つまらない思いをしたのを覚えています。 だからいつかきっと、アメリカに戻って問題なく会話ができるようになってやるって思いました。 そうして、その夢を実現したのです。 

~ アメリカ大学での経験 ~

ホームステイを経験した3年後に、専門学校を卒業して、カリフォルニアに1年間語学留学をしました。 語学学校で1年間英語の勉強をして、少しずつ英語に慣れていき、徐々に大学のクラスを聴講しながら大学の授業にも慣らしていったおかげで、そんなにプレッシャーを感じずにアメリカ生活に適応することが出来ました。 そして、そのまま大学、大学院で学位を取得し、当時からつきあっていた日系アメリカ人のボーイフレンド、今の主人と結婚しました。 でも、はっきり言って当初はかなり苦労しましたよ。 全く言っていることもわからないし、自分の伝えたいことをどう言ったらよいかもわからないし、すぐに言葉は出てこないし。
ホームステイ先の子供に英語の発音で笑われたり、アパートを借りようとして管理人に会いに行っても、言っていることがわかってもらえないこともありました。 大学で聴講していた哲学のクラスについていけず、教授にどのように勉強したらよいのか質問しにいった時にも、授業がわからなければクラスの聴講をやめればいいと言われてすごくショックを受けたこともありました。 大学に入ってからは勉強の毎日で、友達と一緒に勉強を終えて図書館から帰ってくると、もう夜の11時を過ぎていることがよくありました。  頑張った甲斐があり、クラスで一番の成績をとることもできました。 今考えてみれば、そうした苦労や経験を通して自分の夢がかなったのではないかと思っています。

今までに赴いた仕事では、英語を学んだ経験が全て役にたっていると思います。もちろん現在は、日常会話でも問題なく英語を使いこなしています。 子供に説明をするのも叱り付けるのも英語です。専門用語はわからない言葉もありますけど。 仕事をするのも友人と話をするのも、読書をするのも全部英語です。 最近は日本語を使う機会がないので、日本に帰国した時に思ったように日本語ですらすらと話すことができず、学生時代の友人にからかわれることもしばしばあります。

仕事だけじゃなくて、プライベートでもやっぱり英語が不自由なく読めて、聞けて、話せて、書くことができてよかったと思っています。 
どうしてかって? 
英語ができて得することってたくさんあると思いますよ。 アメリカやイギリスなどの英語を話す国に住んでいなくても英語ができるのはやはり得なことだと思います。

ちなみに英語ができて得なことベスト5を作ってみました。

1. なんといっても、ほとんどの国で英語が通じること! どこの国へ行っても必ず英語の表示がありますよね。
2.英語が使えればたくさんの国の人と友達になり英語で会話ができます。 そして英語を使って他の国の人と友達になったら、アメリカやイギリスだけでない他の国のことも学べます! 
3. 海外旅行をする時に、英語ができれば、手続きだって、ホテルのチェックインだって、なんでも一人でできること。 入国書類なんかも問題なく英語で記入できますよね。 ホテルだけでなく、空港やお店などでも、英語ができれば自身満々で旅行ができます。
4. 英語のウェブサイトで簡単に情報を入手できること。 英語で書いてあるブログを読んだりYouTubeを観たり英語の新聞を読んだりして他国の情報がどんどん得られます。
5.最新の映画を英語で観たり、出版されたばかりの本を英語で読めること。 英語で出版された本は一番早く手元に届くので、英語が読めれば一番にその本を入手できます。 そして映画も本も翻訳に頼らずに、物語りを正確に理解できること。 これとても大切だと思います。

マルコムグラッドウェルの著書のように、テクノロジーの進歩により世界はどんどん縮小されています。これからの国際社会で日本人が活躍するためには、英語は必需品です。 私も仕事で海外に行く機会が多かったので、行く先々で英語を使ってミーティングを行ったり、交渉する必要がありました。やはりそういう場面で、いちいち通訳を使うことはできませんし、会っておたがいに話をして分かり合えることができないと、ビジネスにおいて、なかなか一歩進むことができないと思います。 そういった意味で、英語とはコミュニケーションの手段であり、英語を使いこなした上で、各専門分野の仕事の向上を図ることが可能になると思います。

また、国際社会で日本を代表するような仕事に就かない場合でも、英語ができれば上記のように個人的に得することがたくさんあると思います。 これから日本にも観光客だけでなく移民という形で外国人がたくさん入国する日が来るかもしれません。 すでに外国から日本に留学したり、移住している人々も年々増えつづけています。 文化も普段の食べ物も異なった外国からの人々と、理解しあって共存していくためには、英語が共通のコミュニケーションになる可能性が大きいと思います。

これから英語を学ぶ上で、ただ教科書を使い、読み書きを上達させるだけでなく、いろいろな場面において英語を聞いたり話したりすることができる行事に参加したり、外国人の友達をつくったり、英会話のレッスンに参加したりすることをお勧めします。 駅で切符の買い方がわからずに困っている外国人観光客に話しかけてお手伝いするだけでもためになると思いますよ。

最近では、インターネットでテレビを見たり、YouTubeにアクセスしたり、いろいろな使い方ができますし、またGoogleの英語版でアメリカ、カナダ、イギリスなどの世界各国のニュースを読むこともできます。 はじめは英語の発音に慣れるように、英語のラジオ番組を聞くのも良いでしょう。 テクノロジーをいろいろ利用して、英語の上達に役立たせてください。

ページの先頭へ