パスポートさえ持っていない人がいますよね。 私はすごくもったいないと思うんです

« だって人生を素敵にするための趣味だから | 「脳の秘密 未来はどう変わる」(7月11日放送) »

パスポートさえ持っていない人がいますよね。 私はすごくもったいないと思うんです

高麗 正子(Masako Korai)さん (ハミルトンアイランド、ジャパニーズゲストサービス・スーパーバイザー)

東京出身。 現在オーストラリア、グレートバリアリーフの中心にあるハミルトンアイランドにて
ジャパニーズゲストサービス・スーパーバイザーとして活躍中


何事も新しい事にチャレンジする事が好きで、小・中学生の頃はピアノ、水泳、油絵、書道、塾とたくさんの習い事をしていました。 
特に、中学校ではバスケ部のキャプテンを務め、忙しい日々を送っていました。
初めての海外は、小学5年生の時で、家族旅行で行ったオーストラリアです。 それからオーストラリアが大好きになり、
中学生の夏休みには3週間の短期留学プログラムに参加しました。 現地ののびのびした環境や、学生の生き生きとしている姿、
中学校から科目選択ができて、やりたいことや自分の特技をのばすことができるゆとり教育を体験し、
「海外の学校で学びたい!」と強く志願して、高校からオーストラリアの首都キャンベラに留学しました。

~ 現地の学校に入学して ~
まず、自分の英語力のなさにびっくりしました。 中学での英語の成績は良いほうでしたが、中学で3年間も勉強したのに、
最初は話しかけられても「???」でした。 よく、日本人は文法に強いといいますが、逆に言うと、
リスニングや会話が全くできないのです。他の英語圏でない先進国と比べても、「日本人は英語が話せない」というイメージが
付いています。 もっと日本にいる間に、使える英語を勉強しておけば良かったと後悔しましたが、後悔先に立たず。
それから必死に勉強しました。 

1年間、ESL(English as Second Language) という英語を母国語としない人達の為のクラスで勉強をしました。 
わからない単語はまずノートに書きとめておいて、後で人に聞くか、調べるようにしていました。 学校は色々な国籍の人達がいて、
異なる文化に触れることができ、とても刺激的でした。 2年目からは現地の高校生と同じ内容を勉強しはじめ、
高校卒業後はオーストラリアの首都にあるキャンベラ大学に進学しました。 もともと旅行が大好きな私は、
将来、観光業につきたいと観光マネジメント学科に入学。 
4年間の大学生活は楽しい事ばかりではなく、辛く大変な日々も多々ありましたが、
あの時の生活を乗り越えていなければ、今の私はないと思っています。

・・・・・
 

~ 何故英語を学ぶことが必要なの?~
「時々、日本から一度も出たことがない人や、パスポートさえ持っていない人がいますよね。 私はすごくもったいないと思うんです」

私は幸運にも、学生時代の半分をオーストラリアで過ごし、大好きなオーストラリアと日本の架け橋になれたらと、
今の仕事を選択しました。 私が現在住んでいる所はグレートバリアリーフの中心に位置する、一周16キロの離島です。
空気がとても澄んでいて、青い空、それよりも青い海、そしてフレンドリーなオージー(オーストラリア人)達が住んでいます。
この島も含め、「もっとオーストラリアの良さを日本人に知ってもらいたい!」「たくさんの自然を肌で感じてもらいたい!」と思い、
この仕事を選びました。 現在、ホテルのフロント業務をはじめ、日本人のお客様のお迎えや、島内観光(ガイド業務)、
通訳や翻訳業務をこなしています。 島は個人の私有地で、島内が1つのテーマパークのように繋がっているので、
日本人のお客様に変わって島内のホテルやレストラン、ツアー会社と英語でコミュニケーションをしています。

・・・・・

お客様から数多くのコメントを頂戴しますが、大半のお客様は
「英語がわからなくてもフレンドリーなオージー達がやさしく接してくれた。」「日本人スタッフがいたから安心して旅行が楽しめた。」
「しかし、今度来るときは現地の言葉で自らコミュニケーションができるようになりたい。」とおっしゃって下さいます。
移民の国、オーストラリアでは、本当に色々な国の人との出会いがあります。 そこから異文化を学び、視野が広がり、
日本に閉じこもっていたらできなかったであろう新たな発見をたくさんすることができます。 
日本の人口、約1億2700万人のうち、2008年に観光、ビジネス、その他の目的で海外に行った人は、1500万人を越えています。
最近では、ワーキングホリデー制度も充実し、ワーキングホリデーでオーストラリアへ渡航する青年は、
全ワーキングホリデー制度利用者の半数以上、年間1万人以上もいるそうです。 私自身も大学卒業後、しばらく日本で働き、再度ワーキングホリデービザで渡豪しました。 

世界中の国と友好関係を築き、好影響を与えている日本に生まれ、日本人として育ったことをとても誇りに思っています。 
そんな日本人だからこそ、皆様にも世界共通語の英語、"使える英語"を学び、そこから外にも目を向け、色々なことを身につけていってほしいと思っています。 
人生何事もタイミングだと私は思います。 
どこで何をしていようが、英語を勉強したい、もっと身につけたいと思った時が、最初の一歩ではないでしょうか?
その気持ちを大切にし、今の自分にできることを実行して、そこから可能性を広げていってほしいと思います。

ページの先頭へ